So-net無料ブログ作成
検索選択
毛深い女性,男性 ブログトップ

女性のうなじが毛深いと男性はNG? [毛深い女性,男性]

女性-うなじ-毛深い-画像

毛深い左ひざ下がツルツルになった C子さん (27歳)

私は幼いころから父親譲りの毛深さに悩んでおり、学生時代から家庭でできる
あらゆる脱毛法を試してきました。

また、私は普通の人よりもかなり色白でしたので、脱毛後も毛穴が目立ち、

特に暑い真夏日などには絶対に素足で外を歩くことができませんでした。

今回、レーザー脱毛できないものかとご相談したところ、

左脚の左ひざ下を試験的にレーザー脱毛していただきました。

その間わずか三〇分、左の左ひざ下全部が脱毛されていました。

痛みもありませんし、何よりも短い時間ででき、腫れたりヒリヒリ痛むなどのトラプルが起きないことに大変驚きました。

今まで自分で行って来た電気脱毛、脱毛ジェル、脱毛シートやエステでの脱毛とは違い、毛穴の色素沈着や肌荒れを起こすことが全くありませんでした。

安心して脱毛を受けることができ、お薬も処方していただけたのでとても助かりました。

今までの脱毛では、術後のケアが万全でないため、大なり小なりトラプルが起こっていたからです。

現在では、完全な脱毛ではありませんが、計二回の治療で毛が細くなり、今まであった毛穴の色素沈着もなくなりました。

肌が引き締まった感じでツルツルになり、脚も同様に引き締まって細くなりました。

その後、安心して右脚も治療していただきました。

長年の怪みであった毛深さのコンプレックスからこんなにも短時間で解放されレーザー脱毛には大変感謝しています。

これからは素足ですごせると思うと、夏が来るのが楽しみです。

レーザー脱毛で肌も引き締りツルツルになった!

ドクターメモ 2回の治療で効果が…

一九八二年に、レーザーで脱毛が可能な事実をハーバード大学で講演したことがあります。

同大学の先生が脱毛に典味をもち、一〇、〇〇〇分の三秒で四〇ジュールのルビーレーザーを使った脱毛の報告をしていますが、

この条件では毛が再生したようです。

その後、照射時間を長くしたいとの考えを持たれたようですが、この考え方も考慮し、

照射時間の長いアレキサンドライトを使った東洋人に対するレーザー脱毛の方法を考え出しました。

毛深いと汗かきって本当?私は汗かき… [毛深い女性,男性]

3abcbd595bc3e0862cdd1d45195fe188_s.jpg

固外界からの刺激に対する防御作用

また、アポクリン腺はワキの下や外陰部にあって、腋臭症(ワキガ)の原因となっています。
アポクリン腺からの臭いは、異性を引きつける働きがあるともいわれています。


発汗作用

汗は前述のように主としてエックリン汗腺から発汗されて、皮府に澗いを与え、皮脂腺の脂質と混じって透明感のある皮問をつくります。
発汗作用によって水分だけではなく、皮府組織に貯まった老廃物も排泄しています。

外界からの刺激に対する防御作用皮膚は身体の外側を取り巻き、

外界からの物理学的な刺激や酸やアルカリなどの刺激から身体を守ってくれます。
さらに皮府には痛覚、触覚、温覚、冷覚などの感覚受容器があり、体外からのいろいろな刺激に対し敏感に反応して私たちの身体を守ってくれます。

このように体毛、汗腺や皮脂腺などの皮府付属器は皮府の働きに大きく関与しています。



体毛の役割とは?

私達の体の表面には、全身で約500万本もの毛が生えています。
生えていない部分は唇、手のひら、足の裏、指の腹、生殖器などごく一部に限られ、ほとんど全身を体毛が覆っているのです。

この体毛は人体にとって大事な役割を持っており、必要とされるものです。
しかし、現代社会ではしばしば体毛がやっかいもの扱いされ、日本でもここ十数年、体毛の処理に気を遣う風潮が顕著になってきました。

以前から病的な体毛、いわゆる多毛症で医療機関の門戸をたたく方は見受けられました。

しかし最近は、はたから見れば気に病むほどの症状ではなくても、必要以上に体毛を気にして、

脱毛のためにエステなどに足を運ばれる方が増えています。
女性の場合は美容上の観点から体毛を「ムダ毛」と見なし(美容業者の華々しい宣伝効果によるところも大ですが)、

処理を考えている方がかなり多いようです。


また体毛の少ないボディが好まれる昨今の風潮で、女性のみならず男性の希望者も急増しています。

毛深いと多汗症になるの? [毛深い女性,男性]

bb27a76b7169ca6cab18786466703314_s.jpg



皮膚はこんな働きをしている

皮府の働きには大きく分けて五つの働きがあります。

体温調節

皮膚は暑いときには皮膚の毛細血管が広がり熱を放散しやすくします。
逆に、寒いときには表面積を縮めて熱の放出を少なくします。
体温の調節はこの他に皮膚の汗腺から汗を出し、水分を蒸発させることで体温を放散させることもできます。

私たちは食べ物を消化吸収してエネルギーに変えることができます。
これらのエネルギーを使ってものを考え、心臓や肺などの臓器を動かし合目的な活動をすることができます。
そして不必要な栄養分は肝臓や皮下の脂肪に蓄えられます。
激しい運動などをしてたくさんのエネルギーを必要とするとき、これらの貯蔵された栄養分がエネルギーに変わります。
激しい運動の際には、前述のように毛細血管が太くなり、皮膚の表面が広がって、発汗することで体温を一定に保つことができるのです。


呼吸作用

私たちは呼吸をすることによって大気中の酸素を肺の肺胞を通して血中に送り込み、身体のすみずみまで酸素を供給しています。
これらの酸素は体内の細胞や組織で使われ、炭酸ガスに変わります。
この不要になった炭酸ガスは肺の肺胞を通して大気中に放出されます。
このような呼吸作用を通して我々は生命を維持しています。

呼吸作用は通常、肺で行われていますが、皮膚でも肺の200分の1程度の呼吸をしています。


分泌作用

皮膚には体毛の他に皮脂腺と汗腺が存在しています。
皮脂腺からは体脂肪が分泌されます。
そして汗腺には主に汗が排泄されるエックリン腺とアポクリン腺があります。
汗の99%は水分であり、先に述べましたように体温調節の重要な役割を果たしています。

皮脂腺からの体脂肪と汗とが混ざって皮脂膜を形成します。
我々には、入浴したりシャワーを浴びるとき石鹸を使ってこの皮脂膜を洗い落とし、クリームを塗ってこの皮脂膜の代用としていますが、

皮脂腺の方がクリームよりも身体に優しいようです。

毛深い状態を治したい! [毛深い女性,男性]

6d2ceceab7cab5ffa09a2b262fe5cba8_s.jpg


メラニン色素はメラニン顆粒についている色素です。

メラノサイトという工場で多麓に生産されたメラニン顆粒は、隣接するケラチノサイトの倉庫に運ばれます。
ケラチノサイトの数はメラノサイトの数の 40~50倍といわれています。
この倉庫であるケラノサイトは細胞分裂によって新しい細胞をつくり、有棘層、顆粒層、透明層、角質へと移行します。
基底層で生まれた細胞は 4週間ほどで皮府の表面に達するのですが、その過程で細胞は死んでしまいます。

表皮の下にある厚い層は真皮と呼ばれており、0.5~4ミリぐらいの厚さがあります。
この真皮は皮府の95%を占めています。
表皮の基底層の下に真皮の乳頭が突出しています。

水分が多く、毛細血管が終わっているところでもあります。
乳頭下層には、細い絨維が横に長く網目状に並んでいますが、これは膠原繊維の一つです。

皮膚の表面から 0.2~0.25ミリの層に弾性繊維があり、皮膚に弾力性を与えています。
この層を過ぎると膠原繊維は太くなり、真皮の下層まで続いています。

太陽光線にあたると表皮のメラニンが増え、ここで紫外線を吸収しますので、皮府の下層にある真皮内の弾性繊維や膠原繊維がいじめられるのを防いでくれます。

紫外線があたると、これらの繊維、とくに弾性繊維が破壊されて皮府の弾力が失われ、皮府は伸びきった状態となり、皮膚にシワやタルミができるのです。

この真皮の下層には、脂肪を多く含んでいる層があり、ここを皮下脂肪組織と呼んでいます。
皮下脂肪組織の下層には、筋肉や骨などが存在しています。
女性の曲線美はこの皮下脂肪組織によるところが多いようです。
皮下脂肪の少ないところでは、あごや腕のように骨や筋肉がそのままの形で皮府の表面に現れます。

毛深い状態を改善したい! [毛深い女性,男性]

5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_s.jpg

レーザー治療とはどんなものかも含め、新しい医用レーザーによる選択脱毛について詳細に説明してあります。

パート4では 5つの症例を取り上げて、体験談と「ベスト脱毛」の実際を理解していただき、

パート5はQ&Aの形式でまとめてみました。

日本は世界一の長寿国を誇っていますが、女性の平均寿命が男性に比べさらに7年近く長いのです。

「美しく、楽しく、健やかに生きる」、すなわち「Quality of Life(QOL)」 な人生を送ることで長寿を有意義なものにすることができます。
近年、女性の地位と身長はどんどん伸ぴてきています。
女性の成長ホルモンが増え、体毛が濃くなっているようです。

この体毛をムダ毛として、永久脱毛の形で抜いてしまうという風潮がありますが、これでは「QOL 」な人生を送ることは期待できません。
消毒不十分な脱毛針を使ったために女性が血清肝炎をおこし、その子どもにまで感染させてしまうという事故まで起こっています。
医療機関でレーザーを使って脱毛すればこのような事故は起こりません。
不幸な事故が今後起こらないようにするためにも「ベスト脱毛」の技術が世の中に広まり、

みなさんのお役に立てれば、これ以上の喜ぴはありません。

皮膚のしくみ

皮膚は 3つの組織から成り立っている。

皮府は表皮、真皮、皮下組織と体毛、汗腺、皮脂腺の皮府付属器から成り立っております。

表皮の厚さは0.05~0.15ミリメートルくらいです。
表皮は表面から角質、透明層、顆粒層、有棘層、基底層の五層に分かれます。
表皮の下に真皮があり、その表皮側の境目に基底層があります。
基底層には表皮細胞(ケラチノサイト)と色素形成細胞(メラノサイト)があります。
夏の日に太陽にあたるとメラノサイトの中のメラニン顆粒が増えて皮膚が黒くなります。

参考サイト 毛深い 女性 処理

毛深い男と女の改善の方法 [毛深い女性,男性]

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s.jpg

有毛性色素性母斑というアザは太くて長く濃い毛が、黒いアザの部分に生えています。
私は 28年前から、レーザーを使ったこのアザの治療を通して、

異常なアザの黒い色を正常な皮膚の色にすると同時に、「太くて長く色の濃い毛を」を「細くて短く色の薄い毛」にする方法を知っていました。

近年、「ムダ毛」という概念からエステや日本医学脱毛協会では永久脱毛を行っています。

永久に毛母細胞を取り除いてしまう永久脱毛は、毛の発生源である毛乳頭部や皮脂腺開口部を完全に破壊しなければなりません。

これに対して私は、「毛は大事なもの」「ムダ毛は一本もない」という概念で脱毛を行っています。

毛には成長期、退行期、休止期があり、同じ部分でも「太くて長い毛」や「短くて細い毛」、「目立つ毛」「目立たない毛」などさまざまあります。
幸いなことにレーザー光線は黒いメラニン色素に多く吸収されますので、「太くて色の濃い毛ほどレーザーに強く反応する」ことになります。
すなわち目立つ毛は強く反応し、目立たない毛にはあまり反応しません。
従って、医用レーザーによる脱毛は濃い毛だけを広範囲に選択し、瞬間的に脱毛(選択脱毛)することになります。
医用レーザーによる選択脱毛では、2ー5回の治療で太くて長く色の濃い目立つ毛が、細くて短く色の薄く目立たない毛に変わり、

毛穴が引き締まって皮膚も白くなります。


レーザーの出力を上げることで永久脱毛もできますが、皮膚のダメージが大きいので、できるだけ目立たない毛にする脱毛がベストでしょう。
この方法を『ベスト脱毛』と名付けました。

今回、このような主旨にそって構成されており、パート1では皮膚と体毛の役割、多毛症について解説しました。

パート2では家庭でできる脱毛法、エステサロンで行っている脱毛法、医療機関で行っている脱毛法などを解説し、

パート3では本書の主旨である『ベスと脱毛』についてまとめてみました。

参考サイト 毛深い 男 悩み
毛深い女性,男性 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。