So-net無料ブログ作成
検索選択

毛深い男と女の改善の方法 [毛深い女性,男性]

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s.jpg

有毛性色素性母斑というアザは太くて長く濃い毛が、黒いアザの部分に生えています。
私は 28年前から、レーザーを使ったこのアザの治療を通して、

異常なアザの黒い色を正常な皮膚の色にすると同時に、「太くて長く色の濃い毛を」を「細くて短く色の薄い毛」にする方法を知っていました。

近年、「ムダ毛」という概念からエステや日本医学脱毛協会では永久脱毛を行っています。

永久に毛母細胞を取り除いてしまう永久脱毛は、毛の発生源である毛乳頭部や皮脂腺開口部を完全に破壊しなければなりません。

これに対して私は、「毛は大事なもの」「ムダ毛は一本もない」という概念で脱毛を行っています。

毛には成長期、退行期、休止期があり、同じ部分でも「太くて長い毛」や「短くて細い毛」、「目立つ毛」「目立たない毛」などさまざまあります。
幸いなことにレーザー光線は黒いメラニン色素に多く吸収されますので、「太くて色の濃い毛ほどレーザーに強く反応する」ことになります。
すなわち目立つ毛は強く反応し、目立たない毛にはあまり反応しません。
従って、医用レーザーによる脱毛は濃い毛だけを広範囲に選択し、瞬間的に脱毛(選択脱毛)することになります。
医用レーザーによる選択脱毛では、2ー5回の治療で太くて長く色の濃い目立つ毛が、細くて短く色の薄く目立たない毛に変わり、

毛穴が引き締まって皮膚も白くなります。


レーザーの出力を上げることで永久脱毛もできますが、皮膚のダメージが大きいので、できるだけ目立たない毛にする脱毛がベストでしょう。
この方法を『ベスト脱毛』と名付けました。

今回、このような主旨にそって構成されており、パート1では皮膚と体毛の役割、多毛症について解説しました。

パート2では家庭でできる脱毛法、エステサロンで行っている脱毛法、医療機関で行っている脱毛法などを解説し、

パート3では本書の主旨である『ベスと脱毛』についてまとめてみました。

参考サイト 毛深い 男 悩み
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。