So-net無料ブログ作成
検索選択

貞子vs伽椰子の小説の結末!ネタバレ全開であらすじをお届け

貞子vs伽椰子の小説の結末(ラスト)!ネタバレ全開でキャスト情報も合わせてお届けします!映画館での公開日は6/18!

そんな貞子vs伽椰子の予告もお見逃しなく!



スポンサードリンク






貞子vs伽椰子の小説



貞子vs伽椰子-あらすじネタバレ-画像

6/18日が公開日、本日から上映中のホラー映画「貞子VS伽倻子」の小説を映画館に行く前に読み切りました!

映画館で貞子vs伽椰子を観る前に小説で読んだら、

映画館で見る時につまらなくなるかも?と感じて、

貞子vs伽椰子の小説を読もうか、読まないか考えた結果……、

映画館で見る貞子vs伽椰子、小説で読む貞子vs伽椰子は、

物語の組み立ても違うし、キャストも違うみたいです。

映画館の貞子VS伽倻子は、

日本屈指のホラー映画界の重鎮である、白石晃士監督が手掛けた、

代表作ホラーヒロイン(貞子v、伽椰子)のおどろおどろしい戦いという所が、

万が一、ラストが同じだったとしても、楽しめるポイントは複数ある。

と思い、貞子vs伽椰子の最後(ラスト)まで読んでみた!



スポンサードリンク






貞子vs伽椰子のネタバレ全開



貞子vs伽椰子-ネタバレ-画像

ホラー映画の主演というオファーが届いた劇団に所属する恵子。

しかし、そのオファーがきた監督が不審にこの世からいなくなり、

恵子は共に居合わせたフリーライターの小堺と共に、

現場に残されていた「呪いの映像」を観てしてしまったのだ。

二人は、貞子の呪いでこの世から消される前に、

一回入ってしまえば伽椰子に動きを封じられ、

二度と外へは出れなくなると噂の「呑む家」へ入る事を誓った。

そして貞子vs伽椰子の呪いの打ち消し合いを期待し、

その「呑む家」での映像を残そうとする。

しかし、撮影班が次々とこの世をから消える中、

ついに貞子と伽椰子が合いまみえる…!!

これまでのホラーの歴史を大きく変える異様な戦い!

まるで、プレデター対エイリアン?(笑)


貞子vs伽椰子のキャストたち



映画館での内容とあらすじとは違い、

呪いをかけられる主役のフリーライターと劇団員(男女)。

映画館での(予告に出てくる)子供霊能力者と、

化け物には化け物をぶつけるんだよ!おじさんはいなかった。(というよりキャストの構成は全然違う)

そして、

主演と一緒に伽倻子の家へ向かう人達(映像撮影班)の人数ががやたら多い。

貞子vs伽椰子が核となる他は、

大幅に内容が異なると思って頂いて大丈夫です。


貞子vs伽椰子のネタバレ-結末



貞子vs伽椰子の小説を読んだ感じでは、

ザックリ隔てて、4つの構成になっているように感じた。

1、呪いの巻き添えをくう街の住民

2、主人公の行動

3、呑む家へ向かう

4、貞子vs伽椰子の呪い合い

みたいな感じです。(主観)


貞子vs伽椰子の小説の結末



それでは「呑まれる家」に入った一同(撮影グループ)の場面から。

呑まれる家で貞子のビデオを観ようと準備にとりかかるんですが、

2人1組のグループで行動したり、

ちゃんと、家の窓をオープンしたりと「呑まれる家」の対策をこうじます。

だが、用意は万全だったのに…、

次々と撮影スタッフの姿が見えなくなる…。

そして、気づいた時には大幅に撮影陣の姿が家から消えた…。

だが、そんな状況でも貞子の呪いの動画を観て、

いよいよ、貞子vs伽椰子の呪い合いが始まった!

これまでの流れは、

主人公が段々とプレッシャーをかけられ、

手に汗握る貞子vs伽椰子の小説の内容だったんですけど、

結末に進むうちに、登場人物達も段々と精神が崩壊し始め、

コメディーチックになってきます(笑)

撮影スタッフで最後の方まで生き残ったカメラマンなんて、

激しい伽椰子の呪いを見ながら、

「凄い!この映した動画を社会に流したら大問題だ!血だらけの幽霊! 」

と言い放ち!それからこの世をしっかりと追いやられました。

主人公の一人であるフリーライターの小堺も、

自分の命をストーリー序盤で諦めてからは、

やけくそなのか 、

「いけ!貞子!いけ!」と、貞子vs伽椰子の貞子を励ましていました(笑)

そして完結。

貞子vs伽椰子の呪いは共倒れとなり、

終焉かと思ったら…、

貞子vs伽椰子の完結では、

激しくやり合った事で、一周回って馬が合ったのか統合します笑)

ここまできたら、コメディーの要素が強い。(笑)


小説,貞子vs伽椰子のまとめ



小説を読んで、

先程も触れたように後半はコメディーです(笑)

まだ映画館は鑑賞してませんけど、

貞子vs伽椰子の小説は怖さより、異様な笑いを後半は誘っていました(笑)

中盤まではこれまでの貞子や伽椰子のようにビクビクしていたんですけど、

ラストのオチはコメディー。

という感じでが、貞子vs伽椰子を読んだ私のまとめです。

これまでの貞子、伽椰子の怖さのイメージでいると、期待が少し外れるかもしれませんが、

最近の貞子は「怖面白い」方に寄っているので、そういう目線で見たら、

貞子vs伽椰子の小説も楽しめますよ♪

映画版はどうなってっるのか楽しみ!(笑)

よし、後は映画館で貞子vs伽椰子を鑑賞してきます!

結果は後日、感想をまとめます!


「貞子vs伽椰子のネタバレ」関連記事はこちら↓

貞子vs伽椰子のネタバレと結末



スポンサードリンク






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。